東京レスキュー 助人サービスはロードサービス専門業者です。
得意な作業はキーとじ込みによる開錠作業 → 開錠車種一覧へ
都内6拠点からバイクで迅速に現場へ向かいます → 拠点エリアへ
年中無休24時間営業 電話 03-5809-9677
 HOME  概 要  対応エリア  隊員日記 こんなときはどうするの?
   

過去日記一覧

2023.10

2023.11

2023.12

2024.1

2024.2



by  A隊長

2023.10.31(火)晴れ
創業20年目が一番忙しい

お得意先の会合に参加しました。
パーティーの席では色んな方々に声をかけていただきました。

社員さんからは「昔、助人さんに助けてもらって」とか「隊員日記読んでましたよ(過去形?)」とか言ってもらえて素直に嬉しかった。

振り返れば創業20年である。
当初は「開錠作業で食べていけたらな~」などと人に笑われそうな夢を描いていましたが、それが現実となっているわけです。ありがたいことに助人サービスは月間300件近く開錠しているんですが、もう目が回るぐらい毎日車やバイクの鍵穴を回し続けています。

もちろん20年前はゼロ件でした。
それを少しずつ増やしてきたわけです。何も特別なことはしていないというか、単に「断らず」「ギブせず」「お待たせしない」を20年間続けてきただけです。

しかし最近は厳しいというか、新たに増員しないと回らなくなってきたように思います。「腕」だけではどうにも突破出来ない問題ですね。

どこかにバイクが好きで開錠技術を極めてみたい人はいないものか。

picture




by  J隊員

2023.10.30(月)晴れ
働くクルマは過酷です

軽ワンボックス車のバッテリー救援へ、
現着してみると対象のクルマは配送車、まだ集配途中との事で急いで作業に入ります。

テスターをあてると問題ない数値なのですがそこは集配車両、エンジンのストップ&ゴーが頻繁なので充電不足でもあり得る数値です。

ところが始動を試してみるとセルがキュキュ…と回り切らずに止まるのですが、バッテリーの電圧数値はそれほど低下せず、これは…

ドライバーさんにセルモーターの故障が疑われることを伝えると「またかあ…」と思い当たるご様子です。
どうやら前にも一度故障して交換した事があったそうなんです。

走行距離を伺ってみると23万キロ、セルモーターの使用頻度が多い集配車両では2度目の交換となってもおかしない時期ではありますね。

picture




by  K隊員

2023.10.27(金)晴れ
2個目をもらう前に

トヨタ・クラウン クロスオーバーの解錠依頼。

お客様はキーを紛失したようで解錠後ディーラーにレッカー搬送するとのこと。

トヨタの一部車種は半導体不足などの影響で、通常は納車時に2個渡されるスマートキーが1個しか渡されず、2個目は5か月後以降順次となっていてクラウンも対象車。

先月も同じケースがあったが、お客様も2個目をもらう前に紛失してしまいレッカー搬送となってしまった。

16代目となるクラウンは4種類のモデルがあるが、昨年の9月に発売されたクロスオーバーに続き第2弾となるクラウン スポーツが先日発表され、11月にはクラウン セダン、23年度内にはクラウン エステートが発売予定。

個人的にはクラウン スポーツが一番売れそうに思えるがはたしてどうなるか。

picture




by  D 隊員

2023.10.26(木)晴れ
まさかの2番手出動

たまに入る自社案件での初めての出来事でした。内容はアウディA3の解錠。現場まではさほど距離もなく解錠方法を考えながら現地に着くと、お車の横にはお客様と別の業界さんが作業をしていました。

初めて他事業者と対面しどうすればいいかと思いましたが、業者さんは何も言わず片付けて離れて行きました。鍵穴をみると横向きになっている意外は何の問題もなく数分で解錠。

お客様に話を聞くと前の業者は1時間以上やっていたとのことでお褒めの言葉をいただきました。「まあ、確かに横向きだったので少しやりにくくはありましたよ」と前業者をフォローする意味で話ましたがお客様曰く「いや、なんか鍵穴みてなくて別の方法でやろうとしてましたよ」との事。

鍵穴以外の別の方法はさすがにマズイのではないかと思いましたが、車に安全なピッキングで解錠できたのは本当に良かったと思いました。

picture




by  S隊員

2023.10.25(水)晴れ
侮れないミニクーパー

夜遅くにBMW・ミニクーパーの解錠依頼。 到着すると暗闇に積み込み出来ずに地面に置かれた大量のレジャー用品とお客様。

ご自身で手配した一社目の業者さんには断られ、二社目の業者さんは無事解錠出来れば料金88,000円という事で依頼したが解錠には至らなかったそうです。

キーシリンダーはBMW車共通のHU92という一世代前のカギで現行のものよりも癖があり、ディスクの反応が少なく細かく繰り返す手順がはるかに多くなるのが特徴です。指先に伝わるかすかな手ごたえを頼りに慎重に進めていき、最後はクルりと回りロック解除。

お客様は長く続いた不安から解消されたように荷物を積み込み帰路につきました。

picture




by  A隊長

2023.10.24(火)晴れ
性格と収入

新人さんから「どうしたら稼げますか?」と相談されました。

助人サービスは完全歩合制なので、件数を多くこなすほど個人の稼ぎは増えていく仕組みです。

ずばり答えは「性格」でしょうか。
主に3タイプあって「前向きな人」と「淡々とこなす人」と「ネガティブな人」で分けると、前向きな人は収入の心配はいらないですね。放っておいてもどんどんレベルUPしていくし新しい仕事も生み出していくと思います。淡々とこなす人も安泰というか、小さなことで一喜一憂しないって件数を多くこなす上で最大の武器です。

でもネガティブな人は大変というか「どうせ俺なんか・・」と思うだけで、ものすごく疲れるんですよね。立派なハンディキャップだと思います。

自分がどのタイプか分析してまずは「淡々とこなす人」を目指すこと。身体能力の高さや頭の良さって稼ぎとはほとんど関係無いように思います。

picture




by  J隊員

2023.10.23(月)晴れ
復旧は出来たけど

ホンダN-BOXのバッテリー救援です。

昼に乗車して夕方にはもうバッテリーが上がっていたとの事で、測定してみるとはぼスッカラカンになっていました。

これは結構大きな電流が流れたはずなんですが原因は分かりませんでした。車両は購入からそれほど経っていないほぼ新車同様の状態、
故障なのかはたまた特定の操作によるものなのか…

どちらにせよ不確定なアドバイスは出来ないのが困りものです。
こういったケースはいまひとつスッキリしませんよね。

picture




by  K隊員

2023.10.20(金)晴れ
SF90以降は難易度大幅アップ

フェラーリ・ローマの解錠&バッテリー上がり。

2020年に発表されたローマ(価格2682万円)は、フェラーリの中ではラグジュアリーなFRクーペとなるが、3、9リッターのV8ツインターボエンジン(620馬力、トルク760Nm)を搭載し、0-100km/h加速3,4秒、最高速320km/h以上と十分速い。

カギとドアハンドルは、2019年に発表されたSF90ストラダーレと同じタイプで、ドアハンドルを押し込むとカギ穴が見えるが深い位置にあるので、通常の工具では厳しいしカギ自体も複雑になっている。

初対応だったので少し時間がかかったが、無事解錠しジャンピングでエンジンを始動して作業完了。

296GTBやプロサングエも同じタイプのようなので、新しいフェラーリを開けられる業者はかなり限られそうだ。

picture




by  I 隊員

2023.10.19(木)晴れ
電波の乱れ?の影響か

レクサス・RX500ハイブリッドの開錠のご依頼がありました。お客様は日ごろから「デジタルキー」をご利用されていました。

デジタルキーとはコネクト内のサービスで、スマホで車両の状態を見られたりキーの機能もスマホに移行出来たりしますが、今回はスマホの操作ができなくなりお客様はお困りでした。

当初、車のバッテリー上がりで車の操作が出来なくなったのではと思われていましたが、ドアの鍵穴をピッキング開錠すると、セキュリティアラームがけたたましく鳴り響き、室内灯やメーターパネルが明るく点いたので、バッテリーは生きているのでは?スイッチを入れて頂いたところ、RXは何もなかったように起動しました。

バッテリーを見たところ、上がってはいませんでした。弊社受注とアシスタントさんに報告しようとしましたが現場からはスマホの電波が繋がらず、50mほど離れなければならず、その時たまたまの電波障害だったようです。

全てスマホで操作出来たら便利かと思いますが、全てを委ねるにはまだまだ先のように感じました。

picture




by  S隊員

2023.10.18(水)晴れ
あれは何だったんだろう

数か月前に2020年式アウディ・Q3で珍しいHU162を解錠したときの話。

HU162というとフォルクスワーゲン、ポルシェ、ランボルギーニ車等に搭載されていて、通常ではキーを水平に挿して90度ほど回して解錠するのですが、その時初めて垂直方向にキーを挿すHU162に遭遇しました。

練習を重ねて克服したはずの複雑なHU162でしたが、縦になることでまた混乱し始めた脳を回転させて、解錠するのにいつもより時間がかかってしまいました。

今度解錠依頼が来たら即解錠してやろうと心に誓ったのですが、あれ以来一度も遭遇することはありません。

もしかしたらHU66だったのか?いやサイドカットもあったので見間違えないはず、、とあやふや記憶になりつつあります。

picture




by  A隊長

2023.10.17(火)晴れ
他人の目より自分の目

誰でも人に褒められると嬉しいわけです。
でも何をしたら褒められるのか、よく分からないわけです。

周りが何を望んでいて自分に何が出来るのか、考え出すと途方もない問題に発展しそうで途中で思考停止するような感じです。

でも本当のところは「自分が何をすべきか」分かっているような気もします。
ボンヤリと方向性は見えているものの、あえて行動しない感じでしょうか。いざ行動し始めたら大変だし疲れるし、うまく行ったとして大した成果にもならないだろうし、うまく行かなったらくたびれ損だし。

頭で考えると費用対効果に押しつぶされてしまうんですが、そうした考えに至る過程を心のほうが軽蔑するわけです。心には成果とか関係ないですもんね。

ゆえに行動出来ただけで自分が自分を褒められるんですよね。
自分にしては頑張ったな~、よくやったな~って。

他人に褒められるのも嬉しいですが、自分に「すごいな」と思われるだけで心が温かくなるというか、たとえ結果的にうまく行かなくても、全てが報われる気がします。

picture




by  J隊員

2023.10.16(月)晴れ
思い起こせば

少しの間駐車していたらバッテリー上りを起こしたとの事で出動です。

現場でバッテリーにテスターを当てると12.4v、あれこれは?とバッテリー端子を揺さぶってみるとマイナス側端子がクルクルと動きました…
丁度良さそうな位置で始動を試してみると自力で始動したのでこれは端子の接触不良が原因でしたね。

確認してみるとバッテリー端子のクランプが伸びて締めしろが無くなっている状態、これは端子の寿命なのか、はたまた閉め過ぎによってが伸びてしまったのか、
救援した車両は中古車で購入したとの事でいつの間にこうなったのかは分からないのですが、この「ボルトやナットの閉め過ぎ」での不具合は誰でも経験はある事なんではないでしょうか?

整備覚えたての頃は閉め過ぎが怖くてボルトやナットを強く締めてしまう→不具合
閉め過ぎで怖くなって今度は強く締めれなくなってしまう→不具合

様々な事情が詰まっているのがバッテリー端子の伸びだったりします。

picture




by  K隊員

2023.10.13(金)晴れ
官能的な音

フェラーリ・F430のバッテリー上がり。

F430は4.3リッターのV型8気筒自然吸気エンジン(490馬力、トルク47.4kgm)を搭載し、2005年に2079万円で発売し2009年まで販売。

スーパーカーの完全放電は、強力なエンジンスターターでも1台ではエンジンがかからず、2台もしくは3台つながないとかからない場合もあるので要注意。

V8の自然吸気エンジンなのでノーマルでもいい音がするが、お客様はリモコンで音量切替ができるマフラーに交換していて、高回転まで回した時の音はF1マシンのようでかなり気持ちがいいそうだ。

ディーラーとフェラーリを得意とする整備工場の修理の仕方や料金の違いなど、興味深い話もいろいろ聞けて楽しかった。

picture




by  I 隊員

2023.10.12(木)晴れ
ドアの不具合

2004年式のBMW・X5のキー閉じ込みです。事前に「最近キーでドアを開けられなくなってしまった」と言われていたので、ピッキング開錠でも解決しない可能性を伝えていました。

ピッキング開錠してシアにそろえてみても、回転が浅いといいますか確かに全回転できません。念のために施錠方向にピッキングすると、こちらは深く回り全回転できます。

再び開錠方向へピッキングしてみると、なぜか深く回り無事開錠。集中ドアロックが働き、運転席以外のドアが電気的に開きました。ラッキーです!

X5は問題なく始動するも一旦エンジンを止めて、キーレスを操作しましたが無反応、車内からは運転席のドアは開くのですが外からは開きませんでした。それでも、本当にどうしようかお困りだったお客様は大喜びで、ドアとキーレスを車屋さんに修理してもらえると言われていました。

picture




by  S隊員

2023.10.11(水)晴れ
宅配というお仕事

真夜中の2時過ぎ、軽貨物車の解錠依頼です。某ネット通販専門の配達をされているというまだお若いご依頼主。

解錠完了後、「今日これで何件目ですか?」「一日何件ぐらい行くんですか?」と中々帰してもらえません。逆に質問すると配達が1日250件越えることもあるとの事。

思い出すのは、自分も同じくらい若いころに宅配会社に勤めていたのですが、一人で配達が200件超えたのはバレンタインデーの時期ぐらい。配り終えるのはかなり大変だったという記憶があります。

この方のように宅配が中心となると不在あり、箱も無駄に大きいなど、比べられない程過酷な条件の中でその数をこなすのは、非常に大変な事だと想像できて頭が下がる思いです。

picture




by  A隊長

2023.10.10(火)曇り
複雑化するバッテリー上がり

最近の車にはほとんどコネクト機能が付いていて、スマホで愛車の情報が見れるようになっています。便利な機能ではあるんですが、その分バッテリーの負担は大きいです。

以前の車はスリープ状態からスイッチONでアクセサリーに入るところ、コネクト車両はスイッチ関係なくスタンバイ状態に入る感じです。このスタンバイ状態に流れる電気が以前のアクセサリー状態に近い感じです。

例えばドアロック解除しただけでメーターが点灯してスタンバイ状態に入るし、キーを車に近づけるだけで足元が照らされたりする車もあります。そうした状態では、まだ電源スイッチを押していないのにも関わらず10A近くの電流がバッテリーから削られていたりします。高級車ほど始動前の演出に凝っていたりするのでバッテリーの負担は大きいかもしれません。

ゆえにコネクト車両では謎のバッテリー上がりが多いです。以前のように「室内灯消し忘れ」などと単純な原因じゃないわけです。

原因追及する側も知識を深めていかないとな~と思います。

picture




by  J隊員

2023.10.9(月)雨
ニオイの元

夕方過ぎにバッテリー救援へ出動です。

現場でボンネットを開けて作業をしているとどこからか香の様なにおいが、
近くにお寺でもあるのかな?さほど気にもせずに作業を続けていたんですが、どんどん強くなってくる香のにおい。
それはまるでお彼岸の墓所内で作業しているかのように強くなってきました。

さすがに気になって辺りに目をやったんですが見える範囲にお寺などはないし…
しかも昔なじみのモノと違ってと煙たくない清涼感のある香りです。

クルマの状態が安定してきて運転席へと回った際、その理由が分かりました。お客様が気を使って蚊取り線香を焚いてくれてたんでした。

しっかし最近の蚊取り線香は良いニオイがするんですね、しかも煙の量も多くて屋外用なんでしょうか?
とてもありがたいお心遣いでした。

picture




by  K隊員

2023.10.6(金)晴れ
最初のFモデル

レクサス・IS Fのバッテリー上がり。

富士スピードウェイに由来するFの名は、走りを追求したスポーツモデルに与えられる名称で、IS Fはレクサス初のFモデルとして2007年に766万円で発売し2014年まで販売。

中型FRセダンのISをベースに、5リッターのV型8気筒自然吸気エンジン(423馬力、トルク51.5kgm)を搭載し、BMW・M3やメルセデス・ベンツ C63AMGなどがライバルだった。

お客様はIS250(215馬力)とIS350(318馬力)にも乗っていたそうだが、IS Fはかなり速いし音もいいのでお気に入りのようだ。

大排気量のNAエンジンなので街乗りの燃費は5km/L前後と悪いようだが、高速巡行では12km/Lほど走るそうで思ったより悪くない。

picture




by  I 隊員

2023.10.5(木)晴れ
ありがたきお言葉

ディズニーランドより2004年型BMW・Z4の開錠のご依頼がありました。いつもの様に係員の方に広大な敷地内を先導して案内して頂き、到着するとお客様はひどく疲れているご様子でした。私はこの時は丸一日遊んだのだから、と勘違いしていました。

早く開錠して差し上げなければと開錠作業開始して3分後、問題なく開錠するとお客様は目をまん丸にしてビックリされお喜びに。この時に私は2番手であり、前業者さんは2時間格闘してギブしていたことを知りました。

こんな事を言ってしまうのはなんですが、よ~くわかります。この型のZ4のシリンダーは非常に厄介であり、作業の正確性を求められるのに、延々と淡々とピッキングし続けるタイプで、決して心折れてはならない鍵なのです。

私も新人の頃に訓練で開錠できなかったこのシリンダーをさんざん鍛えました。現在得意のシリンダーとなり5分以内で開けられるようになったのです。

お客様は疲れが吹き飛んだそうで「また何かあったらよろしくお願いします!」とのお言葉を頂きました。頼りにして頂けると嬉しい限りで、勇気がこんこんと湧いてきます!

picture




by  S隊員

2023.10.4(水)雨
パドルシフトの行方

運転席側を壁ギリギリに寄せて停めた、とある車のバッテリー上がり。

お隣さんの敷地を借りてお客様ご自身でなんとかカギは回せたものの、ドアを開ける隙間は無く、ディーラーの営業さんや整備士さん方も駆けつけてくれたが成す術がなく、昨日から結構な騒ぎになってたようです。

というのもこの車、慣らし運転もまだ終えてない新車にもかかわらずトラブル続きだそうで、直近ではブレーキランプが消えなくなり、修理から戻ってきた矢先のこのトラブル。しかも自力でドアを開けようとした際に壁でドアの下の方にキズが入ってしまったとの事。

ヘルパーで難なく解錠後、続けて完全放電してしまったバッテリーにジャンプして走行には問題ないレベルまで復旧したものの、バッテリー上がりの原因は依然として不明。驚いたのはハンドルの左右に付いていたはずのパドルシフトが無くなってるという、「何かの間違いでは?」と疑ってしまうような奇妙なトラブルも。

修理に出すまでは確かに操作していて、元々あったのは間違いはないらしいので、バッテリー上がりの原因も含めて、もう一度しっかり診てもらった方がよさそうです。

picture




by  A隊長

2023.10.3(火)晴れ
インボイス需要?

先月は目が回るぐらい忙しかったです。9月単体では過去最高件数だったし、頼もしい新人さんがいなければヤバイ状況でした。

この現象は新規のお得意先が増えたからかなと思いましたが、全体的に増えたので別な要因ですね。

もしかするとインボイスが関係してるかも。
お得意先からするとインボイス登録していない業者へは仕事を依頼しづらいはず。すでに登録済みの業者に作業が集中し始めていたら、さもありなんという感じでしょうか。

インボイスは反対の声も大きいですが、このまま粛々と進んでいくんだろうと思います。すでに請求書や領収証の管理含めた会計処理が色々と大変なんですが、乗り越えていくしかないですね。

助人サービスはとっくの昔にインボイス登録済みです。
躊躇なくご依頼ください。

picture




by  J隊員

2023.10.2(月)晴れ
何のために?

ハイエースの開錠要請です。

場所は建築現場前の路上、リヤゲートを開けて道具を現場に運んで戻ってきたら何故か閉じられていたんそうな、荷台にキーを置いたまま…

オーナさんは「通りがかりの人かなあ…」と話していたんですが、全くもって不思議な事もあるものです。
ワンボックスカーの羽あげ式のリヤゲートなので片手でチョイってわけには行かないと思うんですよね。

もしそうならどういったどういった心境で閉めていったのだろう?
帰りの道すがら、ぼんやりと考えたのですがさっぱり分かりませんでした。

picture



一番上へ


横浜レスキュー助人サービス | プライバシーポリシー | お問い合わせ |